2017/03/06

アメブロに戻ります☆

いつもブログをご覧くださりありがとうございます。

妖精を描くイラストレーター・アーティストの橋本京子です。

色々考えてまた

アメブロに戻ります~☆


アメブロに戻りますが

また宜しくお願いしますm(__)m

2017/03/03

シャボン玉のキャッチボール

いつもブログをご覧くださりありがとうございます。

妖精を描くイラストレーター・アーティストの橋本京子です。


私のデスクが今


お花畑♡

今お花を描くお仕事を頂いているので

買って来たのです。


花のあるおうちに

ハマってきました♡




今日は、嬉しいことがあって。

絵を褒めてもらえたから♡


思っても無かった嬉しい言葉に

幸せな気持ちなんです。



何かをしたいと思っても

自分の中で

物語りを作って

「やめとこ」

と、完結したまま

終ってしまう事って

ないですか?






私は

夢見る夢子で

怖がりで

ずっと来たから

どうせ駄目だ

と思うと

そのアクションは取らないまま

過ぎる事

ある方だと思います。




でも昨日気が付いた事があって

6歳の娘にも

相談された時に

言っていた事なんですが


「これを言ったらこうなる」

「これをしたらこうなる」

と言う予想が

その通りになったことが無い(笑)んです。



それを昨日、やっと体感してる事に気が付きました(笑)

何度も何度も

そんな事があったろうに

昨日やっと

気が付けた。




だから

素直だけを大切に

言葉はシャボン玉だと思って

優しく吹けば

弾ける事も無く


(どう飛ぶかはわからないよ。)


シャボン玉が好きな人には届くんだって

そう思いました。


ストレートもカーブも予想も何もない

そのままのわたしで

風に吹かれるように

素直であれますように。
















2017/03/01

近くの神社へお詣りにいくと。

いつもブログをご覧くださりありがとうございます。

妖精を描くイラストレーター・アーティストの橋本京子です。


今日は1日だから

近くの神社へお詣りに。


先月お詣りに行った時に

丹田があったかい。。

と思ってお詣りを終えたのですが


今日も

お詣りしていると

お腹があったかい。

「ああ、そうだそうだ。

今日はカイロをお腹に貼ってたんだ☆」

と思ってお詣りを終えました。


あ。


貼ってなかった。


お腹じゃなくて


背中に貼ってたんだ。


「・・・」




漠然とした


「神様」の話は引く人があるし


私の言葉力では無理なので


こちらの本、オススメしておりますw





太陽の人

いつもブログをご覧くださりありがとうございます。

妖精を描くイラストレーター・アーティストの橋本京子です。

ここ最近の私。

プライベートは娘の卒園と入学を控え

お仕事ではラフを進行させて頂いたりしています。

ちょこちょこと立体も制作しています。



早くプライベートが落ち着いて

大きめの絵を描いてみたいな


今は忙しいから落ち着いてから

新しいことを始めようかな・・・


など・・・


そう思い続けてだんだん動けなくなって

私のそんなつっかえた思いに

暖かい光をくれる。


私には「太陽」と思っている人が居ます。



ちなみに私はその時は

大地です。

太陽の光を浴びて

大地に根をはる

沢山の栄養を蓄える。


そして新しい芽を出すんです、一斉に。




太陽はずっと見てくれている

ずっと照らしていたい。


きっと

そんな意識は無いんだろうけど。



太陽には

すぐに応える準備がある。



問いたい時

顔を上げてみると



応えはいつも

眩しくって

暖かい。


目も開けられない位。


ほら。



前を向くしかない。




2017/02/27

海から。

いつもブログをご覧くださりありがとうございます。

妖精を描くイラストレーター・アーティストの橋本京子です。


昨日砂浜へ行ったので

貝殻を拾ってきました。


グループに分けてみたり。

Various Artist(貝殻☆)と。

いっぱい採って来たので

海でどんな風に生きていたのかと

想像すると

膨大な時間が過ぎる。



太陽の破片。

と自分で勝手に名前を付けたものがあります。

そう思ってみたら

そう見える。

そう見えたから

その名前にしました。


さすらいのネコが

お世話する人によって

ムーンだったり

ヌタ

だったりするように

(耳をすませば参照)


貝殻の名前も

私の性格や人柄も

人の見方によって

変わるよう。

2017/02/24

人生で初めてのフラワーアレンジメント

いつもブログをご覧くださりありがとうございます。

妖精を描くイラストレーター・アーティストの橋本京子です。

昨日は

人生で初めての

フラワーアレンジメント体験をしてきました。

今度描くお花の絵のお仕事の為に

実際触った方が良いのではないかと言う事で

アトリエフルール

【大人フレッシュレッスン】


体験させてもらったのですが






これはまるで

森を作っているような

小宇宙を感じるような

エキサイティングな出来事で。

ただひたすら黙々と

オアシスに

さして行く、、、。



最初は

どの花から触って良いのか

わからなくて

固まっていたら

すかさず

先生が

こんな感じはどう?



アドバイスをくださいました。


そこからはもう

夢中になって

アレンジ。。。




森を作ってるような

さした茎と茎の間を

オアシスの上を

小さくなって

歩いてみたい。


どこか一つでも

崩れると

森はバランスを崩すんだな…



このアレンジで

思いました。


お花は

生き物だなと言う事を改めて感じました。


紙の資料ではわからなかった。

私、また一つ目覚めた感じ♡


昔飼っていたワンコを

撫でていたような

そんな感覚にも似た

幸せすぎる時間でした。



まだまだ知らないことがいっぱいだなぁ

ワクワクがとまらない♡



今朝になってもその興奮は冷めやらず

スタバで描いた朝イチのイラストに色を付けました♡



感謝を込めて♡

2017/02/22

自分で書いてても長い話

昨日、NHKを娘と観ていた。


映像で


ダンゴムシが

枯葉を食べていた。

ダンゴムシの糞は

土になった。

お尻から

出ていた。

綺麗な

土だった。


そう。

土は

虫が作ってくれている。


映像は続く。


ダンゴムシが死ぬと

カビが発生して

ダンゴムシを覆う。


早送り再生で

どんどん覆われていく。


覆われたダンゴムシは

土になった。



普段見えないミクロの世界を

TVを通して

見ることが出来た。




私たちの

足には

沢山の

地球の細胞が

うごめいてる。








昨日、夜のテレビで

千原せいじが

アフリカに住む日本人へ

勝手に会いに行った。

私はこの人の

アフリカシリーズが

実は好きで

偶然見れて

ラッキー

だった。



見た事も無い土地で

日本の人が

生活をしている。


その人が言っていた。


「私の国(日本)が大変みたい」

と言うと

「君の国、大丈夫?!」と

共に過ごしている町のアフリカの人たちは

心配してくれるそうだ。


”ソニーの国”

ではなく

”君の日本”

と言ってくれるようになっていくと。


アフリカ=ジャングル

日本=ソニー

そんな捉え方が多いけど

こうして

確実にリアルに

人々が繋がっていっている

そう言う役を出来て嬉しいと

その人は言っていた。

それが大切

なんじゃないかな、と。



普段見えないだけ。

ぜんぶ地球のこと。




そんな今日は

お花を触ってきます。